とことんまで苛め抜いた元彼女

とことんまで苛め抜いた元彼女

結局、人には誰にでも調書や欠点はあると思いますが、それが全て裏目に出てしまったというのが、今回の事件だったと思いました。
私は、ほとんど罵ってくる人っちが好きでもなんでもなく、むしろうっとうしいと思いますが、周りからしたら、いじめたいとその程度しか思っていないのでしょう。
そういう人なんて、世の中には沢山いると思います。
そんな人は、相手にしなければいいと思っています。

病気なんて必ず良くなるといった人が、病気で相手に迷惑をかけたという風に言ってしまったというのは、私には全く納得出来ていません。
今もいじめは続いています。だから、私はこの辺の人たちとは距離をおきたいのですが、結局、それが現実だと思うと、本当に田舎の山麓などで、書画を書いていた方が全然楽だと思っています。
子供のころの思い出など、全てが美しかった頃というのは、そういう穢れを知らない時代だったからだとも思います。
今じゃ、だだの負け犬として、周りからバカにされ笑われているだけだと思っています。
私は、この人たちはただいじめたいだけなのに、口では立派な事を言っていたと聞いて、本当に呆れているのですが、元彼女もとても楽しかったのでしょう。
そうやって悪口をいう事が。

結局、いじめです

結局、いじめです

深夜だからでしょうか。精神的にも、何も不調ではないのですが、何を言っても妄想と思われるのなら、それ以上言っても無意味だと私は思っています。
実際、普通のおじさんおばさんの中には、私を人間として見ていない人も凄く多いです。
そういう人と一緒になって、元彼女がいじめるきっかけを作って、それを何倍にも誇張して話したというだけの事でしょう。
だから、私は基本的にここら辺の、関わった人間など相手にもしたくないと思っているのです。

因みに、代理人のような感じで、相手に迷惑をかけたという風にこちらを攻撃してきた場合、こちらも訴訟をその人に向かってする事は可能ですが、その場合、当の本人が、私は何も知らないという風に接するか、どう出るか、私は結局、パターンが見えているだけのようにしか思えません。
その元彼女は、DVとは言いますけれど、結局、内心にあるいじめたいという気持ちだけで動いていて、同じ波長の人がこちらをいじめているだけの事でしかないと思っています。

ちょっと書いていて、目がかすんで見えなくなってきました。
眼精疲労に優しい点眼薬ってないのだろうかと私は思うのですけれど、スマイル40は居間にあったと思いました。残念です。

誰も信じなくなった

誰も信じなくなった

例えば、書いてあることを実行して、又は実行したふりをして、周りからほめたたえられていて、その後に、一方的にこちらを責め立てるような人ってどうなのだろうという風に、私は思いますけれど。
そういう人を心から信じて、私たちが、まるでいじめたように本気にして、お互いの言い分を聞かない人ってどうなんだろうと私は思うのですが、最近こういう、人の心が読めない人、偏っている人という人をよく感じます。
根底に空虚感と見栄っ張りな気持がある人に多いように思えるのですが、まあいいです。考えてはいたのですが、単純にここにいる人たちは、名誉や栄達に強い人を尊敬して、ダメな人間を朽ちるようなタイプのように私には思えます。
又そういう弱者をぼこすかといじめる人は、どこにでもいます。それで初めて世の中ってきれいごとではないと感じたのでした。
ああ、人ってなんだかんだ言って、こういう風にしか見ていないのだという風に思いました。

この前、その知人が、私の母と別件で、入り口で待っていたのですが、私はそれを見た時、反射的にいじめられると逃げ出したくなったのは事実です。
それはそんな人がいたら、誰だっていやだと思うと思いませんか。
私は誰も信じなくなっていったのはそこだと思っています。

本当の結末というもの

本当の結末というもの

後日、母は同じようなタイプの人間が、この辺にもいるという話をしていました。

前も書いた男に子供を作らせて、その金で家をもらったり、慰謝料を得ていた人という人で、この人も似たような性格だったようです。
母に厳しく責めたその知人やほかの人は、その人、KMさんに対しては優しかったようです。

025
深夜に、病院に行きたいから連れていってほしいだとか、ここに行くので連れていってほしいだとか、そういうものを、引き受けていたと聞いた事がありました。
私もその知人を見ていましたが、本当に元彼女のあからさまな嘘を完全に信じ込んでいて、私をその時から悪者のように思って、敵視しているような人でした。

ちょっと現実に戻ってきたので思うのですが、そういう人って、どういう性格をしているのだろうと思います。適当な女性に対しては優しくて、頭の悪い男と本人が判断した人に対しては、責め立てて、罵っていく、そういう人は人間的に好かれるのか不思議でなりません。

まるでこの前のNHKの朝ドラにあったような平塚らいてうのような人なのかと思ったのですが、もっというと、根底から人を馬鹿にしているようでした。
その人たちが、周りにいて、全てに情報を広めたのは元彼女です。
http://www.asics-fc.com

その当時をお思い出します

その当時をお思い出します

私の父親が、すぱっとその事件が起きた時に、言った事がありました。「いくら彼氏彼女だからって、他人にカードを何枚もわたしたりはしないよなあ」と私もそう思っているのですが、実際、私が名義をあの人にして、使ったカードはありました。ただ支払ったのは私なのです。
これって紛らわしいですし、明らかに私の妄想か、金銭感覚ゼロの人間という風に、周りが思うのも当然だとは思います。
でも、その事件が起きる前に、ケースワーカーさんがこう話していたのを覚えていました。私を引き留めるのなら、二倍も三倍も上手の人なのかもしれないという風に話していました。
例えば、あの人は、なんで弁護士などを使って訴訟を起こしたりしないのかという話もありました。
知人が母に訴訟を起こすだとか、そんな話をした時、母に言ったというのも良く分からないと、母自身も言っていましたが、「起こすなら起こしてください」という風に、母は歯きり言ったようです。
知人は何度か来て、私の立場としては、これ以上いう事は出来ないという風に言っていたようです。
それがどういう意味なのか、私には判断能力がないのかもしれません。
ずっと、その頃の「何が何なのか」と自分では決められない性格というものを、ずっと残った状態になっているというのはあると思います。

お互いに失敗があった

お互いに失敗があった

私はずっと責められてきましたが、あの人も同じような事を言っているのでしょうね。
それは想像に難くない話だと思っています。あの人が、良い人間なら、明らかにこういう事はしないというような事をしているのですから、あの人の性格もあって、中々大変な感じです。
私はあの人が良い人、理知的で聡明であるならば、明らかに私たち家族に、全て言わないと言っておいた借金を家族に暴露させて、それから請求させて、当然私の親も寝耳に水ですから、払うわけもありませんが、その借金の話を周りに言いふらして、言って下さいというような事は言わないと思っています。
普通なら、相手の親とこちらの親、または当事者同士が話し合って決める事ではないでしょうか。

032
でも、借金とはいいますけれど、これも難しくて、私が失敗した金銭感覚のなさもあります。それは認めます。
でも、それを貸した方も、間違っているように思えます。そして、その借金を実際、どちらが支払ったかというと、私なのです。
私にカードを本人名義で貸しておいて、生活などに使わせて、(つまり食べ物やつまらない生活雑貨にあてて)、そして支払いは全て私にしておいて、払えなくなったら、金を返してくれませんというのはどうかと思うのです。

http://www.whyweleftbrooklyn.com

困った性格です

困った性格です

メールで、親からしっかり言われました。
「普通、クマに遭遇するわけがないだろ」「クマが出たらみんないうだろ」といった具合で、私は、長い間の引きこもりで、社会の言葉のようなものが、さっぱりわかっていないようです。本当に分からないのですが、クマのような人間が現れただとか、そういう意味でしょうか。
私の父親か、私のことを言っているのでしょうか。
そういうものが、さっぱりわからない事件というのは、しっかりあって、以前にも、周りの人が謝罪をかねて、何かしたようなってまあそれはそれでいいのですけれど、私は、本当に人とのコミュニケーション不足で、物事がさっぱりわかっていないようです。

今日は、少し暖かいですね。私はあまり体感温度は感じないので、ちょっと仮眠して、起きてから、お茶を買いにいきました。
衣類は着替えていたので、後は、今日くる人たちが帰ったら、衣類を乾かすだけという風になります。

昔からあるエコグラムで性格診断によると、臆病すぎると言われました。人に何か文句をつげる事が出来ない、問題が起きた時、誰を恨むよりも諦めてしまうという性格のようです。全くもって、困りました。
何を言いたいのか、相手の意図する事が組めないのが性格の問題だと思っています。

嫌な思い出を思い出すとやっていられない

嫌な思い出を思い出すとやっていられない

元彼女への悪口を結構書いていたのかもしれません。でも、その人が悪意があるのか善意なのか、どちらにしても、その時は楽しかったのだからという風に、考える事も、とても多いように思えます。
それは、本当に昔の辛いことを覚えていたくないだけなのだと思っています。それ程、金もなくなって、父にせびりにいったなどの恥をかかされた思い出など、覚えていたくないというのが、しっかりあるからです。
覚えているのは、初めて女性とデートスポットに行っただとか、そういう思い出でしょうか。初めて、女性と飲みにいった、初めて、好きな人が出来た、そういう感覚のまま、思い出というのは終わっているのだと思います。実際書きながら、その時の9割はつらかったので、汗が内心では出てきます。ですけれど、私はただ彼女というものが出来て、それだけで幸せだったのだと、ずっと思っています。
主治医はずっと別れろと言っていて、別れたら、私は自我が本当になくなっていたのを思い出します。
私が決めているようで、全てあの人が決めて動いていたのだと、そんな風に思い出します。
私のような男に、やっぱり彼女や奥さんなどは出来ないと思っています。その時も無理だと思っていました。だから幸せな記憶だけが残っているのでしょう。

汚いものは見ていたくはない

汚いものは見ていたくはない

この前、元彼女らしき人が、趣味の団体の掲示板に書いているのを偶然見つけました。
性的な行為に対して、いいとも悪い友言わず、されました、されましたという具合で、書かれていたものでした。
私はこの人も、何かしら精神疾患のようなものがある気がします。DVというものが、正しいのなら、この人はやっぱり、CVとして、恵まれない子供環境に育ったのだろうなと思っています。
頭痛がしてきますね。
私が子供のころを思い出して、何となくきれいなように思えるのは、社会の汚さを全く知らなかった頃だからなのだと思います。子供同士のいじめだとかは、どこにでもありましたけれど、親には可愛がってもらえたと思っています。
なので、親にまず感謝しているというのもありますけれど、子供時代、金も何もなかった時に、一番良かったのは、無条件に愛されて、その愛を全て引き留めてくれたというものではないでしょうか。
それがあって、私はその当時は学歴などより、自分が必ず大きいものになるのだという純粋な夢を見ていたように思えます。
その頃はその頃で良かったですし・・・今は汚さすぎるものなど、見ていたくもないニートのおじさんという感じでしょうか。
汚いものはいつになっても汚いので、見ていたくはないのです。

思い出の美化

思い出の美化

全ての思い出は、全て美化されていくものだと思います。
私は、元彼女の嘘が、段々と当たり前になっていくのを感じていて、周りもそういう風に話していて、世の中の汚さを、軽く分かったのだなという風に思いました。
結局、元彼女の表面上を見るだけで、人となりを心では理解しつつも、その元彼女がどういう人かという事を、その将来だとかを全く分かっていなかったのだと思っています。
今、もう忘れているのか、多分元彼女に出会ったら、恐ろしくて動けなくなるような現象と共に、「あ、あの人だ」という風に思うくらいではないかと思っています。

私は多分、バカ正直なのだと思います。周りの人が好き勝手に言っても、それに対して、文句を言う事がどうしても出来ない、頭で考えてしまうという、誰かに決断されないと、本当に分からないような人間なのあと思っています。
元彼女へ悪い事をした部分も、あったと思います。全てではないですが、結局、この事を全て認めても、私は苦痛ではないような性格のように思えます、

勿論、その人に散々DVのようにやられてしまった事はありました。
それを知らないから、周りがせめぎたてるのも、よくわかります。
とはいっても、思い出は美化されていくと思っています。